『コロナ奮闘記 Vol.9』やっと海外旅行再開への道筋がみえてきた!-風の旅行社 原優二氏寄稿

  • 2020年5月19日(火)

やっと海外旅行再開への道筋がみえてきた!

風の旅行社 原優二
風の旅行社代表取締役の原優二氏

 5月17日の朝日新聞DEGITALの「コロナ、1週間で感染リスクなし? 隔離2週間は必要か」という記事を読んで1月にコロナ禍が始まって以来、初めて光明が見えてきたと感じている。また、韓国政府が、調査の結果、再陽性と判定された人が、他の人を感染させるおそれはないとの見解を示たことも、もろ手を挙げて喜び勇んだ。大きな不安が消えたのだ。やっと、海外旅行再開への道筋が見えてきたような気する。そこで、2日続きだが、奮闘記を書いてみた。

 台湾で、新型コロナウイルス感染の確定診断がついた100人に濃厚接触した2761人について、濃厚接触者が最初に患者に接触した時期と、感染の有無との関係についての研究結果が出た。2761人のうち、二次感染したのは22人(0.7%)。内、10人は患者に症状が出る前の接触歴があり、9人は症状が出た日から3日以内、3人は4日目あるいは5日目だった。すなわち、発熱やせきなどの症状が表れてから6日目以降に接触しても、感染することはなかったというのだ。台湾は、隔離政策を転換し、発症後1週間経過し、病状が悪化する恐れがなければ隔離する必要はないとして、自宅療養を勧めることにした。(朝日新聞DEGIDAL 5月17日「コロナ、1週間で感染リスクなし? 隔離2週間は必要か」から筆者要約)

 2週間の隔離がなくなったことだけでも凄い話だが、この話を聞いて、ウィルスの姿がすこし見えてきたような気がする。どこにウィルスがいるかと、ただ闇雲に怖がるのではなく、症状が出た人はもちろんだが、無症状感染者を検査で発見し隔離すればいい。これを徹底すれば安心して街を歩けるようになるはずだ。

 初めからそうすればよかったという人もいるでしょうが、今までは、感染者は2週間、隔離しないと人に感染させると考えてきたが、それとて明確には理由がわかっていなかった。この研究によって、隔離は1週間でよく、症状がなくなればPCR検査しなくてもいいということだ。これで検査する的がぐっと絞れることになった。

 また、5月18日、韓国政府は、再陽性と診断された285人と接触した790人を調査した結果、他の感染源が考えられる3人を除いて感染は確認されなかったと発表。新型コロナウイルスに感染し陰性となった後、再び陽性と判定された人について、他の人を感染させるおそれはないとの見解を示し、再陽性とされた人への対応指針を19日から変更し、隔離や再検査の必要はないとした。なんという素早い決断力だ。

 もちろん、これは台湾や韓国の話であって、日本が、こうした方法に踏み切るまでには、まだまだ時間がかかるだろう。

 折しも、厚生労働省は、5月13日、抗原検査キットを承認した。無症状感染者を発見するためには、検査を増やすしかない。いますぐ家で簡単に検査ができるわけではないが、渋谷健司氏(WHO事務局長上級顧問)は、唾液を使って自宅でも検査できるようになるといっている。期待したい。

 そして、感染者の発見が徹底されれば、健康証明書の発行が可能になるのではなかろうか。いきなり世界標準はできなくとも、2国間でまずは始めて実績を積めば、国を超えた往来を再開する道筋が見えてくる。私は、新しい生活様式やガイドラインの順守の先に、どうしても、海外旅行再開を描くことが、昨日まではできなかったが、これならワクチンを待たずとも、再開の可能性はあるのと思えてきた。

 もちろん、イタリアのように必要に迫られて旅行を再開する国もあるが、日本の場合、人の命と引き換えに旅行再開はありえないだろう。6月から予約受付を再開し、秋、年末年始のツアーを販売しても、第2波が来て実を結ばなかったら、本当の経営危機に陥ってしまう。

 それならば、健康証明書の発行は、手間もかかるし海外に行ける人を限定するから、市場を狭めるかもしれないが、旅行を再開しかつ持続可能にしていく方法になると思う。もちろん、実現は簡単ではないが、旅行業界あげて国に実行を迫っていくべきだと私は思う。皆さんは、如何、思われるだろうか。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ