東京都、バリアフリー宿泊施設をサイトで紹介、「だれでも東京」

  • 2020年3月30日(月)

 東京都は3月27日、宿泊施設をはじめ都内の施設情報を集約したポータルサイト「だれでも東京」を開設した。高齢者や障害をもつ人など、サイト名どおり“誰にでもやさしい”施設情報を発信する。

 同サイトに掲載する宿泊施設は約270軒で、客室約1万7千室を網羅。入口やトイレ、風呂の幅や段差の高さなどについて検索できるほか、バリアフリー設備についても選択、表示できる。

 宿泊施設の情報は、東京都と日本旅行業協会、三井住友銀行の連携による社会課題解決の仕組み「SIB (ソーシャル・インパクト・ボンド)」のスキームを都として初めて導入して収集。日本ホテル協会、全日本シティホテル連盟、東京都ホテル旅館生活衛生同業組合も協力した。

 そのほか、レジャー施設や飲食店約200軒、劇場や公園といった都立施設など約400施設の「だれでもトイレ」の有無についても掲載。音声読み上げ機能や英語検索機能も用意した。

 URLはhttps://www.daredemo-tokyo.metro.tokyo.lg.jp/


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ