旅館協会が「ペイディー」普及へ、ノーショー対策や若年層強化で

  • 2019年9月17日(火)

 日本旅館協会(旅館協会、2500軒)は、会員宿泊施設のキャッシュレス対応や、ノーショー対策、若年層の集客強化などを目的に、オンライン決済サービス「ペイディー(Paidy)の普及を図る。

 旅館協会の北原茂樹会長(京都市・旅館こうろ)とペイディーの杉江陸社長が9月17日、東京・平河町の旅館協会で会見を開き、業務提携を発表した。

ペイディーの杉江社長㊧と旅館協会の北原会長、西野目・電子決済委員長

 ペイディーはクレジットカードや銀行口座のいらない、事前決済、後払いのオンライン決済システム。事前の会員登録も必要なく、スマートフォンと電話番号、Eメールアドレスがあれば利用できる。

 利用者は、宿泊施設の予約画面から決済でペイディを選択し、スマホでEメールアドレスと電話番号を入力する。ショートメールで送られてきた4桁の認証番号を入力すれば決済が完了する。

 利用者には翌月、SMSやメールで請求が届き、コンビニでの現金支払いや銀行振り込み、口座振替で支払いができる。旅館ホテルへの入金はペイディが100%保証する。

 ペイディーによると、すでに様々なECサイトで約250万人がサービスを利用、2019年中には利用者は500万人に達する見込みだという。利用者は10-34歳が60%以上と多く、女性が7割を占める。

 これまで旅館ホテルでのシステム採用は少なく、2020年6月までに、まず旅館協会500軒への普及を目指す。

 旅館協会の北原会長は会見で、「ペイディーの採用でキャッシュレス時代に備えたい。利用者にストレスのない事前決済手段を提供することで、ノーショーを防ぐ効果や、若い世代の利用が増えることにも期待しています」と話した。

 また、ペイディーの杉江社長は、「私たちは、既存のキャッシュレスとは違う決済手段を提供する会社です。銀行やクレカに紐づけず、電話番号とEメールで決済できるのが特徴です。旅館ホテルでも利用できることを強く伝えたい。若年層や女性の集客にも貢献できると考えています」とメリットを強調した。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ