羽田、米国側の配分が正式決定、路線便数に変化なし

  • 2019年8月13日(火)

 米国運輸省(DOT)は現地時間8月9日付で、2020年夏の就航が予定される羽田国際線増枠分のうち、米国側の12便の配分を正式決定した。5月に発表した仮決定から変化はなく、デルタ航空(DL)が5便、ユナイテッド航空(UA)が4便、アメリカン航空(AA)が2便、ハワイアン航空(HA)が1便を手にした。

 仮決定の発表以降、ロサンゼルス用に2便が配分されたことについて、3便の希望のうち1便しか得られなかったHAが市場規模などを根拠にホノルル線への振り替えを要望したほか、A.B.ウォンパットグアム国際空港局(GIAA)がUAのグアム線の実現を再考するよう求めたが、DOTはいずれも退けた。

 今後については、来年3月29日から90日以内に配分された枠を利用して路線を開設することが定められており、就航後も90日間運航しなかった場合にはDOTが回収再配分することが明記されている。

 なお、各社が申請した路線と認められた路線は下表の通り(取消線のある就航地が却下された路線)。

航空会社就航地優先度
デルタ航空シアトル1
デトロイト2
アトランタ3
ポートランド4
ホノルル5
ホノルル6
ユナイテッド航空ニューアーク1
シカゴ・オヘア1
ワシントン・ダレス1
ロサンゼルス2
ヒューストン3
グアム3
アメリカン航空ダラス・フォートワース1
ロサンゼルス2
ダラス・フォートワース3
ラスベガス4
ハワイアン航空ホノルル1
ホノルル2
ホノルル3

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ