スクート、チャンギの発着ターミナル変更は10月に、T2からT1へ

  • 2019年7月31日(水)

 スクート(TR)は10月22日に、シンガポールのチャンギ国際空港の発着ターミナルをT2からT1に変更する。TRは今年の4月以降、新たに中国、インド、ラオス、マレーシアの計8都市に就航。加えて2020年末までに9路線の追加を予定していることから、自動チェックイン機や自動手荷物預け機などの設置が進み、旅客処理能力が向上したT1を使用することにより、利用者の増加に対応する。当初は今年の第1四半期に変更する計画だった(関連記事)

 同空港は過去5年間に渡り、T1の旅客処理機能の強化に取り組んできたところで、到着ロビーでは出迎え場所を拡張し、4月にオープンしたショッピングモール「Jewel」に直結。荷物引渡所ではベルトコンベヤー2機を新設したほか、既存のコンベヤー8機のうち2機を延長している。なお、TRの利用者は出発時刻の18時間前から、Jewelでのチェックインサービスを利用できる。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ