遠距離方面に10連休効果が顕著 日本旅行のGW動向

  • 2019年4月1日(月)

 日本旅行(堀坂明弘社長)は3月12日、予約状況から今年のゴールデンウイーク(GW)の旅行動向をまとめ発表した。国内旅行は沖縄や北海道といった遠距離方面が前年同期比3−4倍、海外旅行も同2倍超となるなど、10連休効果が顕著な好況ぶりを示している。

 国内旅行では、前年からの都道府県別人気上昇ランキングの1位は群馬県。来年デスティネーションキャンペーン(DC)を控え、プレDCを実施することが好調の要因と考えられる。以下、2位新潟県、3位島根県、4位栃木県、5位北海道と続く。

 宿泊者数の多さでは1位沖縄県、2位北海道、3位東京都、4位大阪府、5位千葉県。現時点で全都道府県で同1・5倍超えとなる好調だ。

 海外旅行の伸び率ランキングでは、フランスの需要が回復。コース設定を増やした効果もあり1位となった。2位はインドネシア、3位はベトナム、4位はグアム、 5位はカンボジアで、東南アジア方面の人気が伸びている。旅行者数は台湾、イタリア、ベトナム、タイ、香港の順。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ