再就航から1年、フィジー・エアの現在は-日本代表の村上氏に聞く

年間搭乗率80%以上、週3便の通年化を目標に
フィジーの知名度向上、他のリゾート地との差別化がカギ

  • 2019年8月22日(木)

村上氏  フィジー・エアウェイズ(FJ)は昨年7月に週3便の成田/ナンディ線を開設し、約9年ぶりに日本再就航を果たした。これにより、昨年にフィジーを訪れた日本人旅行者の数は前年比156%増の1万1903人へと急増し、今年も5月までの累計は41%増と好調が伝えられているが、再就航から1周年を迎えた現在、日本路線はどのような状況にあるのか。また、今後の増便などに向けた展望は。オーストリア航空(OS)で日本・韓国支社長などを務めた経験を持つ、日本地区代表の村上昌雄氏に話を聞いた。

-まずは2009年の運休から昨年の再就航に至るまでの経緯について教えてください

村上昌雄氏(以下敬称略) かつてはエア・パシフィック航空時代の1998年から2009年にかけて日本路線を運航していたが、08年のリーマンショックの余波で運休を余儀なくされた。その後は13年に現社名へと変更し、17年に入ってから再び、路線拡大に向けて舵を切った。

 現在のFJはモダンな経営スタイルに変わり、中長距離の国際線とフィジー・リンクによる国内線をミックスした、インターナショナルな航空会社に生まれ変わっている。このような変化を背景に、昨年7月には日本への再就航を果たすことができた。

-再就航にあたり感じたことをお聞かせください

村上 9年ものブランクがあったせいで、フィジーが日本市場に忘れられているような感覚が強くあり、再びブランドを確立していくことが大きな課題だと考えている。ただし、18年初頭から就航までの約半年間では、準備を進めるなかで市場の期待を強く感じることができた。

-この1年間をどのように振り返りますか

村上 オンシーズンの始まりに運航を開始したので、7月と8月は好調に推移し、9月までは何とか目標をクリアできた。しかしそれ以降は少々苦戦し、11月と12月は週3便から週2便に減便して何とか乗り切った。

 今年については、基本的には火曜日と金曜日の週2便で運航しているが、繁忙期の年明けやゴールデンウィーク、夏休みなどには日曜日も運航しており、合計で20週間ほどを週3便で運航する予定となっている。そのほか、3月にも学生のグループや企業の視察旅行などが入り、市場が動いている感触はある。

 ロードファクターの目標は80%で、昨年の7月から9月までについては達成することができた。しかしオフシーズンに入ってから減便したこともあり、年間では70%台の前半にとどまった。今後は再び80%以上に引き上げたい。

 利用者の割合は7割が日本発、3割が海外発で、海外発はニュージーランドとオーストラリアからの訪日客に加えて、ヨーロッパから日本経由でフィジーを訪れる旅行者が多い。そのほかには、フィジーを含む太平洋諸国からの利用者もいる。これらの国々ではラグビーが盛んなので、9月から始まるワールドカップ日本大会や来年の東京オリンピックなど、スポーツをフックにツーウェイで旅行者を取り込み、バランスの取れた路線になることを期待している。

ベルトラ1
メール新規登録
ビズリーチ

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ