羽田国際線ターミナルが拡張、サテライト増築、延床面積1.5倍に

  • 2014年3月20日(木)

 東京国際空港ターミナル(TIAT)は3月30日、羽田国際線旅客ターミナルの拡張部分の供用を開始する。ターミナル拡張は国際線の昼間時間帯発着枠が年間3万回増の6万回に増えることに伴うもの。両面ガラス張りのサテライトを増築し、スポットを8スポット増の18スポットに増加。チェックインカウンターや出発保安検査場、バスゲートなども増やす。延床面積は現在の約1.5倍の約23万6000平方メートルとなり、年間1250万人まで利用者数が増加する見込みだ。今回は3月12日に開催したメディア向けの内覧会から、拡張部分の様子をサテライトを中心に写真で紹介する。

  • イメージ

    サテライト

  • イメージ

    国際線旅客ターミナル

  • イメージ

    新カウンター

  • イメージ

    サテライトに移動

  • イメージ

    フードコート

  • イメージ

    フードコート

  • イメージ

    36面マルチディスプレイ

  • イメージ

    36面マルチディスプレイ

  • イメージ

    サテライトの地図

  • イメージ

    サテライト3階から2階を見下ろす

  • イメージ

    サテライト2階 出発エリア

  • イメージ

    サテライト2階 出発エリア

  • イメージ

    サテライト2階 出発エリア

  • イメージ

    サテライト2階 到着エリア

  • イメージ

    サテライト2階 到着エリア

  • イメージ

    電動カート

  • イメージ

    サテライト3階

  • イメージ

    141番スポット

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ