モノとしてのオーストリア 取り入れたいアクティビティの数々

  • 2013年8月20日(火)

 音楽や歴史などのファンにも注目され、合唱団や登山客などコアなリピーターも多いオーストリア。だが、依然としてパッケージ商品は歴史的なつながりの深いハンガリーやチェコなど近隣国を周遊するプランが圧倒的だ。たくさんの興味深い素材に恵まれた国だけに、モノ・デスティネーションの可能性を探りたい。さらにディープにオーストリアを楽しめる観光素材を写真とともに紹介する。

取材:岩佐史絵

  • イメージ

    アイゼンシュタット

  • イメージ

    ハイドンの教会

  • イメージ

    オーストリアワインを楽しむ

  • イメージ

    老舗ホテル「ザッハー」

  • イメージ

    快適な列車旅

  • イメージ

    ビールの街、ザルツブルク

  • イメージ

    レストランでコンサート

  • イメージ

    独特な文化が根づくハルシュタット

  • イメージ

    ケルト語で「ハルシュタット=塩の町」

  • イメージ

    バートイシュル

  • イメージ

    グルメシティ・グラーツ

  • イメージ

    活気ある学生の街

  • イメージ

    グラーツのグルメツアー

  • イメージ

    チョコレート工場で食育

  • イメージ

    地産地消をその場で体験

  • イメージ

    ログナー・バードブルマウ

  • イメージ

    ログナー・バートブルマウのキッチン

  • イメージ

    ログナー・バートブルマウ

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ