日本航空の国際線新シート、「最高品質」の機内実現

  • 2012年10月4日(木)

 日本航空(JL)が9月13日に発表した、長距離国際線に導入するボーイングB777-300ER型機の新座席は、「1クラス上の最高品質」がテーマ。2008年以来4年ぶりに国際線全クラスで座席を刷新し、居住性と機能性の向上をはかる。

 エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスは座席ピッチを拡大。ビジネスクラスでは、JL代表取締役社長の植木義晴氏が「切なる望みだった」という、水平型完全フルフラットシートを導入した。ファーストクラスでは木目調のデザインに刷新し、個人モニターを大型化などで機能性を向上させた。植木氏が「我々の自信作」という新座席を、同時に発表した欧州、豪州、東南アジア線の機内食とともにフォトニュースで紹介する。

  • イメージ

    エコノミークラス

  • イメージ

    エコノミークラス

  • イメージ

    エコノミークラス

  • イメージ

    プレミアムエコノミー

  • イメージ

    JL代表取締役社長の植木義晴氏

  • イメージ

    ビジネスクラス

  • イメージ

    ビジネスクラス

  • イメージ

    ビジネスクラス

  • イメージ

    ビジネスクラスの枕・マットレス

  • イメージ

    ファーストクラス

  • イメージ

    ファーストクラス

  • イメージ

    ファーストクラス

  • イメージ

    プレエコ・エコノミーの新機内食

  • イメージ

    ファースト・ビジネスの新機内食

  • イメージ

    ファーストクラスの機内食

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ