雄大なノルウェー北極圏を満喫する多彩な観光素材

  • 2012年7月3日(火)

 豊かな自然に恵まれたノルウェー北極圏はインフラが発達しているため、あらゆる年齢の客層が快適に大自然を体感することができる。特に5月中旬から7月末の真夜中の太陽と、9月下旬から4月上旬のオーロラ鑑賞は北極圏ならではの醍醐味。さらに、旅の楽しさを印象づける魅力あふれる観光素材を紹介したい。

取材協力:スカンジナビア政府観光局 ビジットトロムソ
 北部ノルウェー観光協会 ノルウェー沿岸急行船(フッティルーテン)
取材/本田泉

  • イメージ

    ノールカップ岬

  • イメージ

    トロムスダーレン教会

  • イメージ

    トロムスダーレン教会のステンドグラス

  • イメージ

    トロムソケーブルカー

  • イメージ

    トロムソのストランドガータン通り

  • イメージ

    妖精トロール

  • イメージ

    ノルウェー名物スヴェレ

  • イメージ

    最北部の漁港メーハムン

  • イメージ

    サーメ人の岩の教会フィンシャルカ

  • イメージ

    星とオーロラ

  • イメージ

    サーメ文化

  • イメージ

    サーメ人の画家ヨン・サヴィオ

  • イメージ

    キルケネスの旧防空壕

  • イメージ

    スノーホテルのロビー

  • イメージ

    スノーホテルの客室

  • イメージ

    キングクラブサファリ

  • イメージ

    山海珍味のオードブル

  • イメージ

    犬ゾリ体験

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ