東西の文化や食が交差するトルコ、歴史とグルメが魅力の旅

  • 2012年6月19日(火)

 ヨーロッパとアジアの両大陸にまたがって、古代から東洋と西洋の影響を受けたさまざまな文明が発展してきたトルコ。その玄関口であるイスタンブールには、ブルーモスクやアヤソフィアを代表とするモスクの素晴らしい建築、そして少し足をのばして飛行機で1時間のイズミルには紀元前13世紀からのエフェス古代都市遺跡など、観光客をひきつけてやまない歴史遺産が数多い。

 また、世界三大料理の一つと称されるトルコ料理は、旬の素材をハーブやオリーブオイルなどふんだんに使って仕上げたものや、ヨーグルトやチーズなど乳製品が多いのが特徴。歴史遺産とグルメ、トルコの旅の魅力を紹介する。

取材協力:トルコ共和国大使館 文化広報参事官室、トルコ航空
取材/小野アムスデン道子

  • イメージ

    エーゲ海の真珠、イズミルの町

  • イメージ

    セルスの図書館(エフェス古代都市遺跡)

  • イメージ

    古代のトイレ(エフェス古代都市遺跡)

  • イメージ

    聖母マリア教会

  • イメージ

    シェリンジェ村のレストランの前菜

  • イメージ

    ハーブを使ったチキンの炒め物

  • イメージ

    ふんだんにオリーブが並ぶ朝食

  • イメージ

    アラチャトウのかわいい町並み

  • イメージ

    アラチャトウのハーブ料理の数々

  • イメージ

    イスタンブールのブルーモスク

  • イメージ

    イスタンブールのアヤソフィア

  • イメージ

    アヤソフィアの内部

  • イメージ

    オスマン帝国宮廷料理

  • イメージ

    ガラタ橋から見たスレイマニエジャーミィ

  • イメージ

    ガラタ橋近くで鯖サンドを売る屋台

  • イメージ

    新市街ベイオール地区

  • イメージ

    第2ボスポラス大橋の袂のカフェ

  • イメージ

    カフェのブッフェに並ぶ数々のチーズ

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ