五輪イヤーのロンドン、アート&カルチャーをあわせた旅

  • 2012年3月23日(金)

 英国では今年、ロンドンオリンピック&パラリンピックというスポーツの祭典だけではなく、文化芸術プログラムもカルチュラル・オリンピアードとして盛り上がりを見せる。そのメインともいえるロンドン2012フェスティバル(2012年6月21日~9月9日)では、美術、映画、音楽、ダンス、演劇など多岐にわたる文化イベントが行なわれオリンピックとあわせて魅力的な観光素材として織り込めそうだ。

 演劇では、ロンドンオリンピック開会式のテーマにもなっているシェイクスピアに注目が集まる。「ワールド・シェイクスピア・フェスティバル2012」が4月から11月にかけて開催され、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーをはじめ、様々な国から招聘された劇団により、37言語にわたってシェイクスピアの作品が上演される。場所はロンドンをはじめ、シェイクスピアの故郷であるストラットフォード・アポン・エイボンを中心に、エジンバラ、バーミンガム、ニューカッスル、ブライトンなど各地での上演となる。

 すでに美術館や博物館などの特別企画展などで賑わいを見せるロンドンと、近郊のシェイクスピアゆかりの地、ストラットフォード・アポン・エイボンを取材した。

取材協力:英国政府観光庁、ストラットフォード・アポン・エイボン観光局
取材/小野アムスデン道子

  • イメージ

    ヒースロー空港

  • イメージ

    女王即位60周年の写真展

  • イメージ

    ハロッズ

  • イメージ

    イングリッシュ・ブレックファスト

  • イメージ

    ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

  • イメージ

    バービカン・センター

  • イメージ

    ナショナル・ポートレート・ギャラリー

  • イメージ

    大英博物館

  • イメージ

    オリンピックのメダル

  • イメージ

    イーストロンドン

  • イメージ

    イーストロンドン

  • イメージ

    メンジーズ・ウェルコムホテル

  • イメージ

    ロイヤル・シェイクスピア劇場

  • イメージ

    エイボン川

  • イメージ

    ホーリートリニティ教会

  • イメージ

    シェイクスピア・バースプレイス・トラスト

  • イメージ

    シェイクスピアの生家

  • イメージ

    チューダー様式の家

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ