台湾ランタンフェスティバルと次年度向けの新素材

  • 2012年3月2日(金)

  旧暦1月15日の元宵節は、台湾を代表する節句の1つで、いわばお正月。各地でさまざまなランタン祭りが行なわれるなか、その代表格ともいえる台湾ランタンフェスティバルを取材した。

 第23回となる今年は、台中からバスで約90分の彰化県鹿港を舞台に、2月6日から19日まで開催。メインランタンの点灯式がある初日だけで100万人、14日間で1000万人と過去最高の参加者を記録した。このうち、海外からは約3万人が来場。圧倒的に地元の人々の祭りだが、アメリカのディスカバリーチャンネルで「世界で最も素晴らしい祭りの1つ」として紹介されており、観光素材としてのインパクトは“大”だ。

 また、2013年の開催地となる新竹県にも足を伸ばした。開催地となるのは竹北だが、今回訪れた新竹は竹北のすぐ隣。観光スポットや食の魅力など、旅行素材も豊富にある。

取材協力:台湾観光協会/エバー航空
取材:竹内加恵

  • イメージ

    鹿港のシンボル

  • イメージ

    コンテスト・ランタンエリア

  • イメージ

    龍がテーマのメインランタン

  • イメージ

    メインランタンの点灯

  • イメージ

    レーザー光線と花火も

  • イメージ

    セレモニーのクライマックス

  • イメージ

    そぞろ歩きを楽しむ

  • イメージ

    お腹が空いたら屋台

  • イメージ

    キャラクターのランタンも

  • イメージ

    巨大なひょうたん

  • イメージ

    灯芸師による伝統ランタン

  • イメージ

    新竹の鎮守、城隍廟

  • イメージ

    B級グルメが絶品

  • イメージ

    新竹憩いの庭園

  • イメージ

    南園のレストランで

  • イメージ

    新竹郊外の「六星集 Villa Spa」

  • イメージ

    客家料理

  • イメージ

    元宵節 in 台北

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ