バンコク、アユタヤ、主要観光地の今の様子を写真でレポート

  • 2011年12月13日(火)

(バンコク発:本誌 山田紀子) 大洪水に見舞われたタイのバンコクとアユタヤだが、現在は観光ができる状況になっている。バンコクでは本来の数には及ばないものの観光客の姿も多く見られた。アユタヤはバンコクほど観光客が戻っていないが、現在は一部を除き、観光が可能な状態だ。観光で目に触れる限りでは、通常の生活が営まれているように見える。タイ国政府観光庁(TAT)では洪水後のリカバリーを目的に、世界規模のメガFAMを実施。日本からも東京、大阪、福岡から68名が視察に訪れた。ベストシーズンであり、快適に観光ができるこの時期の送客を、一日も早く戻していきたい。

※画像をクリックすると、拡大画像とともに説明がご覧いただけます

  • イメージ

    エメラルド寺院

  • イメージ

    王宮

  • イメージ

    王宮前道路

  • イメージ

    暁の寺院

  • イメージ

    チャオプラヤー川の川沿い

  • イメージ

    渡し舟への通路

  • イメージ

    バンコク市街

  • イメージ

    チャトゥチャック市場

  • イメージ

    チャオプラヤー川ディナークルーズ

  • イメージ

    バンコクからアユタヤへ

  • イメージ

    ワット・プラシーサンペット

  • イメージ

    ウィハーン・プラモンコンボピット

  • イメージ

    屋台

  • イメージ

    エレファント・ライド

  • イメージ

    日本人街

  • イメージ

    アユタヤ市街

  • イメージ

    川沿いのレストラン

  • イメージ

    アユタヤ世界遺産祭り

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ