震災から復興した都江堰、「修旧如旧」で全面オープン

  • 2011年12月2日(金)

 2008年5月12日の四川大地震で、大きな被害を受けた都江堰。その後、被災したエリアを除いて再オープンしていたものの、2011年4月に観光のハイライトであった秦堰楼や二王廟が観光可能となった。中国では歴史的な建造物などの修復は「修旧如旧」の精神で作業をすることを務めているといい、関係者は「以前の姿のまま」と自信を示す。日本のパッケージツアーでは震災前ど同様に、十分な観光が可能だ。約3年を経て見事に復活したその姿には、東日本大震災の被災地への思いを重ね、勇気付けられた感もあった。

  • イメージ

    秦堰楼の入り口

  • イメージ

    秦堰楼からの景色

  • イメージ

    秦堰楼から二王廟

  • イメージ

    二王廟

  • イメージ

    二王廟

  • イメージ

    二王廟の裏門へ

  • イメージ

    修復の記録

  • イメージ

    二王廟の裏門

  • イメージ

    堰の仕組み

  • イメージ

    中州と岸をつなぐつり橋

  • イメージ

    つり橋の入り口

  • イメージ

    安瀾索橋

  • イメージ

    東屋

  • イメージ

    魚嘴

  • イメージ

    中州から見た安瀾索橋

  • イメージ

    秦堰楼の外観。最上階が展望エリア

  • イメージ

    都江堰北門

  • イメージ

    都江堰市内

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ