全日空「B787」、機内設備は新技術盛りだくさん

  • 2011年10月3日(月)

 全日空(NH)がローンチカスタマーとなった最新鋭の中型機「ボーイングB787型機」が9月28日、羽田空港に到着した。「ドリームライナー」の名を与えられた同型機は、新技術をふんだんに取り入れ、中型機ながら長距離線を運航できることが特徴で、大型機に見合う需要を期待できない路線でも就航の可能性を見いだせる機材だ。NHが成長の柱とする国際線の事業拡大において、非常に重要な役割を担うB787型機の特徴を写真で紹介する。

  • イメージ

    B787外観(1)

  • イメージ

    B787エンジン

  • イメージ

    エコノミークラス座席配列

  • イメージ

    エコノミークラスシート(1)

  • イメージ

    エコノミークラスシート(2)

  • イメージ

    エコノミークラスシート(3)

  • イメージ

    エコノミークラスシート(4)

  • イメージ

    エコノミークラスシート(5)

  • イメージ

  • イメージ

    収納スペース

  • イメージ

    化粧室(1)

  • イメージ

    化粧室(2)

  • イメージ

    主翼

  • イメージ

    バーカウンター

  • イメージ

    ビジネスクラスシート(1)

  • イメージ

    ビジネスクラスシート(2)

  • イメージ

    ビジネスクラスシート(3)

  • イメージ

    ビジネスクラスシート(4)

  • イメージ

    ビジネスクラスシート(5)

  • イメージ

    機内照明

  • イメージ

    B787外観(2)

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ