全日空、約10年ぶりの新シート、建築家・隈研吾氏が監修

  • 2019年7月15日(月)

 全日空(NH)は今夏から、長距離国際線の主力機であるB777-300ER型機の機内仕様を一新し、新シートを導入する。NHが新シートを発表するのは、2009年11月にサービスブランド「Inspiration of Japan」とともに発表して以来、約10年ぶり。建築家の隈研吾氏とイギリスのデザイン会社「Acumen」がデザインを監修し、「洗練さと日本の魅力を兼ね備えた最上級の空間を実現できた」(NH代表取締役社長の平子裕志氏)という新シートを写真で紹介する。

  • イメージ

    ファーストクラス「THE Suite」

  • イメージ

    ファーストクラスの「引き戸」

  • イメージ

    ファーストクラスには鏡も

  • イメージ

    ファーストクラス用収納スペース

  • イメージ

    ファーストクラス個人用モニター

  • イメージ

    ファーストクラス用ライト

  • イメージ

    ファーストクラス内装

  • イメージ

    ファーストクラス用テーブル

  • イメージ

    ビジネスクラス「THE Room」

  • イメージ

    ビジネスクラスにも4Kテレビ

  • イメージ

    ビジネスクラス用ドア

  • イメージ

    ビジネスクラス中央席にはパーティション

  • イメージ

    ビジネスクラス用収納スペース

  • イメージ

    寝具

  • イメージ

    アメニティ

  • イメージ

    バーカウンター

  • イメージ

    機内食

  • イメージ

    プレミアムエコノミー

  • イメージ

    エコノミークラス

  • イメージ

    有料機内食

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ