ゲンティン「エクスローラードリーム」、飲食充実、上級「パレス」も

  • 2019年5月20日(月)

 ゲンティンクルーズラインが4月に運航を開始した「エクスプローラードリーム」(7万5338トン)。もともとは姉妹ブランド「スタークルーズ」のフラッグシップだった「スーパースターヴァーゴ」を5600万ドル(約61億円)かけて改装したもので、「ドリームクルーズ」ブランドにとっては3隻目の船となる。

 改装では、“洋上の隠れ家”をうたう上級キャビンカテゴリー「パレス」を新設したほか、42室のキャビンや専用レストラン、プール、スパ、ジムなども新たに設置。飲食やエンターテイメントの施設も充実した。

 今年10月下旬からは、シドニーおよびオークランドを発着するオセアニアクルーズで日本からのフライ&クルーズ需要の取り込みもはかる「エクスプローラードリーム」の様子を写真で紹介する。

  • イメージ

    エクスプローラードリーム

  • イメージ

    パレスヴィラ

  • イメージ

    パレスデラックススイート

  • イメージ

    パレスレストラン

  • イメージ

    パレスプール

  • イメージ

    グランドピアッツァ

  • イメージ

    ロビーカフェ

  • イメージ

    マッチャアイス

  • イメージ

    本格ピザを提供する新レストラン

  • イメージ

    ピカソ作品

  • イメージ

    パビリオン

  • イメージ

    シルクロード

  • イメージ

    シーフードグリル by マーク・ベスト

  • イメージ

    ウミウマ

  • イメージ

    ウミウマ個室

  • イメージ

    ゾディアックシアター

  • イメージ

    パルテノンプール

  • イメージ

    カラフル

  • イメージ

    MICE向け多目的施設

  • イメージ

    ESCエクスペリエンスラボ

  • イメージ

    ドリームクルーズの象徴

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ