各地で輝きを放つスイスのクリスマスマーケット

  • 2010年12月17日(金)

 ヨーロッパの冬の風物詩ともいえるクリスマスマーケット。もちろん、スイスでも各地で開催される。スイスのクリスマスマーケットを訪れるツアーは、先行するドイツやフランスのツアーほど多くは造成されていないが、スイスは国内交通の利便性をいかしたクリスマスマーケット巡りが魅力。道中は鉄道からの風景や車内での食事のなどの楽しみもある。12月1日から実施されたスイス研修旅行で体験した、クリスマスの輝きを放つスイス3都市の今の様子をフォトレポートする。


取材協力:スイス政府観光局、レイルヨーロッパ
取材:戸谷美津子


▽チューリッヒ-ヨーロッパ最大のインドアマーケット(No.1~5)
チューリッヒのクリスマスマーケットは、ヨーロッパ最大のインドアマーケット。会場となる中央駅の構内には、高さ15メートルのスワロフスキーのクリスマスツリーが、美しい輝きを放っている。

▽インターラーケン-2日間限定の冬のお祭り(No.6~10)
国際観光都市インターラーケンでは、毎年12月の第1土曜日・日曜日の2日間にマーケットが立ち、1万人が集まる。800メートルの道沿いに約200店が並び、マーケット全体が大きなお祭りのように華やいでいる。

▽モントルー-屋根付き市場でクリスマスの食を堪能(No.11~15)
フランス語圏のモントルーのマーケットには、隣国のドイツ、フランス、イタリアから約40万人の観光客が訪れる。近くには仮設のフォンデュ・レストランがオープン。冷えた体を熱々のフォンデュで温めるのも、冬ならではの旅の楽しみだ。

  • イメージ

    No.1 チューリッヒ中央駅

  • イメージ

    No.2 スワロフスキーのツリー

  • イメージ

    No.3 キャンドルスタンド

  • イメージ

    No.4 大オーナメント

  • イメージ

    No.5 街のイルミネーション

  • イメージ

    No.6 マーケット風景

  • イメージ

    No.7 名物の牛の置物

  • イメージ

    No.8 手作りの花飾り

  • イメージ

    No.9 焼き栗屋

  • イメージ

    No.10 メリーゴーランド

  • イメージ

    No.11 シャレー風の屋台が並ぶ

  • イメージ

    No.12 垢抜けた雰囲気

  • イメージ

    No.13 名物の大鍋料理

  • イメージ

    No.14 手作りジャムの店

  • イメージ

    No.15 サンタクロースの家

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ