マジェスティック・プリンセスが日本初寄港、ロイヤルクラス3隻目

  • 2017年7月5日(水)

 プリンセス・クルーズの最新客船「マジェスティック・プリンセス」が7月2日、横浜港に寄港した。同社の客船の最大クラスとなる、14万トン級の「ロイヤル・クラス」の3隻目で、総トン数14万3000トン、客室数1780室、乗客定員3560人、乗組員数1350人。日本への寄港は今回が初めてで、ローマから上海までの22港を49泊50日間で巡るクルーズ「海のシルクロード50日間」の途上で横浜に寄港した後、4日には大阪にも寄港した。今回は横浜で開催した内覧会で披露された、船内の様子を紹介する。

  • イメージ

    マジェスティック・プリンセス

  • イメージ

    アトリウム

  • イメージ

    ゲストサービス・デスク

  • イメージ

    客室

  • イメージ

    客室前の廊下

  • イメージ

    メイン・ダイニング

  • イメージ

    メイン・ダイニング

  • イメージ

    ブッフェ・レストラン

  • イメージ

    フレンチ・ビストロ「ラ・メール」

  • イメージ

    広東料理レストラン「ハーモニー」

  • イメージ

    台湾茶専門店

  • イメージ

    プリンセス・シアター

  • イメージ

    ファンタスティック・ジャーニー

  • イメージ

    サン・デッキ

  • イメージ

    ビスタ・ゲーム・ラウンジ

  • イメージ

    シング・オン・ザ・シー・カラオケ

  • イメージ

    免税店

  • イメージ

    シーウォーク

  • イメージ

    シー・ビュー・バー

  • イメージ

    ハリウッド・コンサバトリー

  • イメージ

    グランド・カジノ

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ