小笠原海運、「おがさわら丸」新造船を公開、定員16%増で新クラスも

  • 2016年7月21日(木)

 小笠原海運はこのほど、東京の竹芝桟橋で報道関係者などを対象に、7月2日から運航を開始した3代目「おがさわら丸」の内覧会を実施した。新造船は定員をこれまでの16.3%増となる894名に拡大したほか、新たな客室カテゴリとして2段ベッドを用いた「2等寝台」を設定。また、運航速度を高めて、これまでは25時間30分を要していた片道の運航時間を、24時間に短縮した。今回は船内の様子を写真で紹介する。

  • イメージ

    外観

  • イメージ

    展望ラウンジからの眺め

  • イメージ

    船内案内所

  • イメージ

    2等寝台(エコノミーベッド)

  • イメージ

    2等寝台(エコノミーベッド)

  • イメージ

    特2等寝台(プレミアムベッド)

  • イメージ

    1等室(スタンダード)

  • イメージ

    1等室(スタンダード)

  • イメージ

    特1等室(デラックス)

  • イメージ

    特1等室(デラックス)

  • イメージ

    特等室(スイート)

  • イメージ

    特等室(スイート)のアメニティ

  • イメージ

    特等専用ラウンジ

  • イメージ

    レストラン「Chichi-jima」

  • イメージ

    喫煙所

  • イメージ

    多目的トイレ

  • イメージ

    多目的ルーム

  • イメージ

    キッズルーム

  • イメージ

    ペットルーム

  • イメージ

    衛星電話

  • イメージ

    外観

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ