南仏ラングドック・ルシヨン地方、地中海や運河沿いの街を周遊

  • 2016年4月26日(火)

 4月5日、6日にフランス南西部のモンペリエで開催されたツーリズム・トレードショー「ランデヴー・アン・フランス(RVEF)2016」では、ラングドック・ルシヨン地方を巡る研修旅行が開催された。地中海に面したラグーン、ユネスコの世界遺産に登録された城塞都市カルカッソンヌやミディ運河、ローマ時代の遺跡が残るナルボンヌ、中世以来の学術都市モンペリエなど、さまざまな観光素材が楽しめる同地方の魅力を写真で紹介する。

取材協力:フランス観光開発機構、ラングドック・ルシヨン・ミディ・ピレネー地方観光局
取材:西尾知子

  • イメージ

    マグローヌ

  • イメージ

    マグローヌのワイン

  • イメージ

    セートのシーフード

  • イメージ

    ベルモット

  • イメージ

    ノイリー・プラット

  • イメージ

    ナルボンヌ

  • イメージ

    ナルボンヌの運河

  • イメージ

    オリーブ搾油所「ロウリボ」

  • イメージ

    ミディ運河

  • イメージ

    ミディ運河クルーズ

  • イメージ

    クルーズ船のラウンジ

  • イメージ

    クルーズ船の客室

  • イメージ

    ル・ソマイユ村

  • イメージ

    カルカッソンヌ

  • イメージ

    ホテル「ドメーヌ・ドーリヤック」

  • イメージ

    ホテル「ドメーヌ・ドーリヤック」

  • イメージ

    モンペリエ

  • イメージ

    モンペリエの凱旋門

  • イメージ

    モンペリエの凱旋門

  • イメージ

    オテル・ド・ミディ ロビー

  • イメージ

    モンペリエ観光局前の広場

インフィニ 123キャンペーン
ビズリーチ

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ