別府Week!インタビューはコチラ

高野山の新たな観光モデル構築へ、高野町がJTBらと産官学連携で共同研究

和歌山県高野町(平野嘉也町長)が信仰の聖地・高野山の新たな観光モデル構築へ取り組みを始める。JTB(山北栄二郎社長)らと産官学連携で観光ビッグデータを使った共同研究を実施。コロナ禍で激減したインバウンド需要に頼らない持続可能な観光、宗教都市としての姿を確立させる。高野山の観光需要は近年、減少傾向にあった国内客を世界遺産登録で急増した訪日客で補っている状況が続いていたが、オーバーツーリズムの課題、昨年来のコロナ禍による訪日客の激減という事態に直面。訪日客需要だけに頼らない新たな観光モデルの確立が急務に...