キャリチャ

【コラム】旅行業をアップデートしよう
今変わらなければ、コロナが収束しても浮かぶ瀬なし

旅行会社の利益率の低さはかねてから課題と認識されていましたが、改善された事実も兆しも見えぬまま、コロナに襲われました。それでもコロナ前は旺盛な需要とベンダー及び受入元の旅行地や社員の努力や犠牲により、何とかギリギリ収支が合っていたため、この課題に正対する事を避け、ベンダーへの値下げやボリュームインセンティブの交渉等、対処療法に終始していた会社が多かったのではないでしょうか。しかしコロナ後はお客様の安全への要求は強くなり、環境への配慮、旅行地への貢献も求められます。また、航空会社や宿泊施設及びその他の...