キャリチャ

【コロナに負けず】カタール航空太平洋地区副社長のスクルービー氏

COVID-19拡大も攻めの運航、RPK世界1位に
日本は成田線を従来通り継続、帰国者を支援

カタール航空(QR)は今年の6月、新たな太平洋地区副社長として元アメリカン航空(AA)日本・韓国地区コマーシャル・ディレクターのトーマス・スクルービー氏を任命した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的な拡大を続けるなかの就任となったが、日本市場を良く知るスクルービー氏は今後、QRのアジア太平洋におけるビジネスをどのように進めるのか。また、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の航空ビジネスをどのように見通しているのか。書面インタビューで話を聞いた。-ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)やラタ...