別府Week!インタビューはコチラ

クルーズ風評被害の払拭へ、対策の数値化など提言

日本クルーズ&フェリー学会(梅田直哉会長=大阪大学教授)は4月2日、新型コロナウイルス感染によりクルーズ客船のイメージが著しく低下したことを受け、「クルーズ客船の新型コロナウイルス等感染防止について」と題する提言をまとめ発表した。提言は、船内の空気感染について、現存のクルーズ客船をはじめ新造船および改修船の感染症対策の度合いを数値化するというのが骨子。適合船を旅行会社、乗客に公表することで、クルーズ客船に対する懸念を払しょくする。また、最高レベルの適合船は病院船として用船できることを提言している。具...