キャリチャ

東北の訪日客、19年は156万人泊-1年前倒しで目標達成

3月11日、東日本大震災の発生から9年を迎えた。復興の道はまだ半ばだが、あらゆる面で取り組みが続けられている。観光においても、このほど観光庁がまとめた2019年の宿泊旅行統計調査の速報値において、東北6県の外国人延べ宿泊者数が155万8千人泊となり、政府が定めた目標を1年前倒しで達成。「TOHOKU」の名は観光地として世界へ響き、東北の観光復興は着実に前進している。東北6県の外国人延べ宿泊者数は震災発生前の10年は505万人だったが、震災発生の11年は184万人にまで落ち込んだ。そこから国・地域・民...