キャリチャ

兵庫・大阪・京都、旅行業団体の連携策とは-「HOK連絡会」(2)

新規組合員増強にも効果 値付け使い勝手いい商品 −受入施設の間でもHOKのことはかなり知られるようになってきました。一番のメリットはどういったことでしょう。森野 やはりスケールメリットです。これまで京旅協だけでは難しかった交渉がスムーズに進むようになり、いい条件を引き出しやすくなりました。鈴木 現地受入施設に浸透してきたためか、当初よりA級旅館の参画が増えてきました。内容も魅力ある条件が多く、非常に販売しやすくなっています。OATAでは毎月1回支部会を開いていますが、受入施設の営業マンが支部会に...