キャリチャ

主要49社、8月海外は3.4%減、大手・中堅が苦戦

  • 2019年10月10日

観光庁が取りまとめた主要旅行会社49社による2019年8月の旅行取扱概況で、海外旅行の取扱額は前年比3.4%減の2164億9141万円、国内旅行は6.3%減の2717億656万円、外国人旅行は8.5%増の190億5734万円となり、合計は4.6%減の5072億5532万円となった。海外旅行と国内旅行の前年割れは3ヶ月連続。海外旅行の状況を企業別で見ると、49社のうち前年を上回ったのは16社で全体の約3割。取扱額が1億円を超える企業ではイオンコンパスの28.1%増、10億円を超える企業では旅工房の19...