別府Week!インタビューはコチラ

週間ランキング、1位は羽田発着枠、「旅行業の働きがい」も3位に

[総評] 今週の1位は、羽田発着枠の配分が国際線、国内線ともに決まったニュースでした。極めて大きいインパクトを持つ話題ですので当然でしょう。国際線では、米中のほかにロシア、豪州、インド、イタリア、トルコ、フィンランド、スカンジナビアへの配分が決まりました。2013年に発表された前回の昼間枠の配分では、米中のほかカナダ、イギリス、ドイツ、フランス、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピンが対象となりましたので、ずいぶん印象が異なります。気になるのはなぜそう決まったかで、以前にも書きました...