キャリチャ

再就航から1年、フィジー・エアの現在は-日本代表の村上氏に聞く

年間搭乗率80%以上、週3便の通年化を目標に
フィジーの知名度向上、他のリゾート地との差別化がカギ

フィジー・エアウェイズ(FJ)は昨年7月に週3便の成田/ナンディ線を開設し、約9年ぶりに日本再就航を果たした。これにより、昨年にフィジーを訪れた日本人旅行者の数は前年比156%増の1万1903人へと急増し、今年も5月までの累計は41%増と好調が伝えられているが、再就航から1周年を迎えた現在、日本路線はどのような状況にあるのか。また、今後の増便などに向けた展望は。オーストリア航空(OS)で日本・韓国支社長などを務めた経験を持つ、日本地区代表の村上昌雄氏に話を聞いた。-まずは2009年の運休から昨年の再...