別府Week!フォトニュースはコチラ

エアプサン、今後は仁川からも国際線、成田など視野に

日本就航から10年、「FSC並み」の営業で各所と関係構築
今後はNDC導入でオンライン販売も強化

多くの韓国系LCCがソウルと日本の各地を結ぶ路線を運航するなか、アシアナ航空(OZ)に加えて釜山市や釜山の有力企業が出資するエアプサン(BX)は、「ソウル以外」と日本を結ぶ独自のネットワークや、機内食の無料提供など独自のサービスで個性を示し、日本での存在感を高めてきた。2010年3月の日本就航から9年が経ち、10年目に入ったBXだが、今後はどのような展開を見せるのか。日本代表を務める東京支店長の朴用学(パク・ヨンハ)氏に話を聞いた。-日本就航から10年目を迎えましたが、これまでの歩みを振り返ってくだ...