キャリチャ

新興航空5社、年末年始の国内線旅客数は15.5%増、利用率は85%

  • 2019年1月8日

スカイマーク(BC)、エア・ドゥ(HD)、ソラシドエア(6J)、スターフライヤー(7G)、フジドリームエアラインズ(JH)の5社が1月7日に発表した、年末年始(12月28日~1月6日)の国内線の利用実績で、旅客数の合計は前年比15.5%増の50万9584人となった。座席数は17.6%増の59万9433席、利用率は1.6ポイント減の85.0%だった。このほか、昨年10月28日から北九州・中部/台北(桃園)線の運航を開始し、国際線に参入した7Gによれば、国際線の旅客数は3337人、座席数は6000席で、...