別府Week!フォトニュースはコチラ

成田、発着枠増に向け新高速離脱誘導路の一部供用開始、12月6日から

成田国際空港(NAA)は12月6日から、再整備を発表していた高速離脱誘導路の一部について、先行して供用を開始する。高速離脱誘導路は着陸後の飛行機が駐機場に向かうためのもので、航空機の性能などをふまえて最適な位置・形状に再整備することで、航空機の滑走路占有時間を短くし、1時間あたりの発着回数を増やすことが可能になる。NAAでは2020年夏ダイヤにおける1時間あたりの発着回数を現在の68回から72回に増やすため、高速離脱誘導路を計7本再整備する計画に取り組んでいるところ。今回はこのうち、A滑走路の4本と...