キャリチャ

カナダ、20年に50万人へ、冬の需要喚起に意欲

カナダ観光局社長兼最高経営責任者のデービッド・ゴールドスティーン氏は10月13日、2020年の日本人訪問者数の50万人とする目標を語った。16年の日本人訪問者数は前年比約6%増の29万1000人となる見込みで、5年連続でのプラス成長がほぼ確実となっているところ。日本市場に投じる予算を増額し、特に冬の魅力をアピールするとともに、若年層へのアプローチなどを通して更なる増加をめざす。この目標の実現に向けて、日本向けの予算を16年度は前年から30%増、17年度はさらに15%増とする計画。これにより、17年の...