キャリチャ

春秋航空日本、新造機と色鮮やかなグリーンの制服

  • 2014年1月14日
  • Travel vision編集部

 今年の5月末からの成田/佐賀、高松、広島線への就航を発表している春秋航空日本。昨年末には新機材と社員の制服のプロトタイプを公開した。3路線はボーイングB737-800型機を使用し、それぞれ1日2便運航する。同社代表取締役社長の鵜飼博氏は「将来的に路線を拡大し、5年で20機体制をめざしたい」と意気込みを述べた。

 機体、制服とも春秋航空グループのコーポレートカラーであるグリーンを使用。デザインはデザイン学校の学生から公募を募り、全国から13校38名が応募があったなかから5名の作品を優秀賞として選出し、それぞれのデザインを参考に制作した。今回発表したのはプロトタイプで、今後社員の意見をヒアリングしながら改善していくという。先ごろ受領した2機目の機内の様子と制服を写真で紹介する。

  • 航空機と制服を公開。機体には日本をイメージして桜の花をあしらった

    発表会

  • 春秋航空のテーマカラーである緑で尾翼を彩る

    尾翼

  • 客室乗務員の制服。緑で春秋航空日本らしさと、親しみやすさ、安心感をアピール。コートも用意した。女性はワンピース、ツーピース、パンツスーツの3パターン

    制服

  • コートの色とジャケットの色は異なる種類の緑を利用。なお、男性用のコートは深緑色

    制服

  • 男性のジャケットの下は、落ち着いた深緑色。パイロットの制服はジャケットや帽子もあるが、動きやすいようノーネクタイ、ベストでも勤務可能

    男性の制服

  • 春秋航空日本の機材は全て新造機。1機目は2013年4月末に受領。今回公開した機材は同年12月22日に日本に届いた。5月末の就航時には3機体制になる予定

    B737-800型機

  • 座席はグレーのシートで、3-3の配置。33列の計189席となっている

    機内の様子

  • エコノミークラスのシートピッチは29インチ。身長180センチの女性記者だからか、狭い感じはしなかった

    エコノミークラス

  • 前の3席はプレミアムクラスで、シートピッチは33インチ。ゆったりとくつろげる

    プレミアムクラス

  • 非常口付近の2列12席分のシートピッチは38インチと広め。座席指定料金で差別化をはかることを検討中だという

    非常口付近の座席

  • トイレは後方部に2ヶ所設置されている

    トイレ

  • コクピット内部。パイロット用の帽子を2つ用意しているが、かぶらなくても良い。人前に出る時はクリップ型のネクタイを着用する

    コクピット

コメント 0件