キャリチャ

写真で振り返るツーリズムEXPO(国内・訪日編)

  • 2015年9月29日
  • Travel vision編集部

 日本観光振興協会(日観振)と日本旅行業協会(JATA)は9月24日から27日まで、「ツーリズムEXPOジャパン2015」を開催した。今年は141の国・地域と47都道府県から1161の企業や団体が出展。来場者数は25日の業界日が4万622人で、一般日は26日が6万4959人、27日が6万2161人。総数は前年比10.2%増の17万3602人に上り、大いに賑わった。また25日の商談会やメディアミーティング、記者会見などには5860人が参加した。展示会、商談会などを含めて「世界最大級」で開催した、2回目の「ツーリズムEXPOジャパン」の様子を写真で紹介する。

  • 土曜日の開場前の様子。各入口の前には長蛇の列ができていた

    ホールの入口

  • 北海道のブースでは、アイヌの伝統楽器「ムックリ」の演奏がおこなわれた

    北海道

  • 16年3月に開業予定の北海道新幹線が注目を集めたJR北海道とJR東日本の共同ブース。新幹線の「グランクラスシート」体験コーナーが設置された

    JR北海道・JR東日本

  • JR北海道・JR東日本のブースでは新幹線変形ロボのシンカリオンも展示されていた

    JR北海道・JR東日本

  • 今年のツーリズムEXPOの「プレミアム・デスティネーション・パートナー」を務めた青森県のブースではねぶたを展示。記念撮影をする多くの人で賑わっていた

    青森県

  • 福島市はご当地キャラの「ももりん」と一緒に○×クイズを実施。日本一の大わらじは長さ12メートル、重さは2トンだそう

    福島市

  • 列車や風景など、好きな背景を選択できる記念写真撮影会を実施。写真はその場でプレゼント

    日光市・東武鉄道グループ

  • 国内のブースではさまざまなゆるキャラ達の姿が。左からがくとくん(福島県郡山市)、うなりくん(千葉県成田市)、チーバくん(千葉県)、ちはなちゃん(千葉市)

    関東圏のゆるキャラたち

  • 小笠原村観光局のブースでは「オガマルシェ」を開き、東京への定期船で運ばれた小笠原産の野菜や果物を販売した

    小笠原村

  • JR東日本と西日本は、新幹線開通を機に実施中の「北陸デスティネーションキャンペーン」のブースを設置

    JR東日本・西日本

  • 北陸新幹線の開通で観光客が増加している石川県は、金沢、加賀、能登の各エリアをアピール

    石川県

  • 石川県は加賀地方の九谷焼をアピール。ウルトラマンなど有名キャラクターをモチーフにした作品も

    石川県

  • 富山県ブースでは黒部峡谷や立山黒部アルペンルートを紹介。ネイルアート体験も実施した

    富山県

  • 高山市は金沢市と南砺市、「北陸飛騨3ツ星街道誘客推進協議会」との合同でブースを出展。観光パンフレットの配布やジュースの試飲会などおこなった

    飛騨高山

  • 「恐竜王国」を標榜する福井県はチンタオサウルスの型骨格標本を展示。「恐竜博士」との記念撮影会も開催した

    福井県

  • 愛知県のブースでは「徳川家康と服部半蔵忍者隊」によるパフォーマンスがおこなわれた

    愛知県

  • 京都市北部の7つの市町からなる「海の京都」ブース。海から見た京都の景色を表現化したロゴが印象的

    京都府

  • 奈良県では、東大寺の大仏さまの右掌の原寸大レプリカを展示

    奈良県

  • 16年のNHK大河ドラマ「真田丸」の舞台の1つでもある、和歌山県のブース

    和歌山県

  • 長浜市のブースでは伝統的な長浜曳山まつりの「子ども歌舞伎」が披露された

    滋賀県長浜市

コメント 0件