キャリチャ

ブラジル、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

  • 2021年1月22日

ブラジルにおける「新型コロナウイルス」の最新情報(規制、再開など)をお知らせいたします。

■ 感染状況

* 1週間以内の新規感染者数: 379,784人

* 感染者数累計: 8,393,492人

* 1週間以内の死亡者数: 6,786人

* 死亡者数累計: 208,246人

■ ワクチン接種

ブラジルでは、中国の製薬会社「シノバック」とイギリスの製薬会社「アストラゼネカ」のワクチン2種類の緊急使用が承認されております。これを受け、最大都市・サンパウロでは、シノバックのワクチンの接種が他の地域に先駆けて医療従事者らを対象に始まりました。

政府はワクチン接種を拡大したいとしておりますが、2億人を超える人口に行き渡るだけのワクチンは確保できておらず、今後の接種に向け、大きな課題となっています。

■ PCR検査

サンパウロ、リオデジャネイロ、ベロ・オリゾンテ、ブラジリア、クリチバ、ポルトアレグレ、レシフェ、フォルタレーザ等の主要都市には、民間の検査対応機関が複数あります。

■ 入国制限

イギリス発着のフライトは、禁止されております。

また、過去14日以内に英国に滞在された外国人の入国は、禁止されております。

上記以外の入国者は、72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書の提示が必要です。

あわせて到着前に旅行者健康オンライン宣言の登録が必要です。

→ 詳細: https://formulario.anvisa.gov.br/?lang=en

■ 空港

サンパウロ、リオデジャネイロ、イグアス、サルバドール、マナウスなどの国内主要空港では多くのフライトが再開し、ニューノーマルに合わせて通常通りオペレーションしております。

〔詳細〕

* サンパウロ: https://www.gru.com.br/en

* リオデジャネイロ: https://www.riogaleao.com/passageiros/page/coronavirus

* イグアス: https://www.flightradar24.com/data/airports/igu

■ フライト

サンチアゴ、ボゴタ、メキシコシティ、パナマシティー、リマ、アスンシオン、ブエノスアイレス、アトランタ、マイアミ、ニューヨーク、ダラス、ヒューストン、トロント、モントレアル、パリ、リスボン、フランクフルト、マドリード、ロンドン、 ダカル、ドバイ、アディスアベバ、ドーハなどの都市から、国際線のフライトが発着しております。

→ 詳細: https://www.flightradar24.com/data/airports/gru/departures

■ 外出規制

サンパウロ、リオデジャネイロ、マナウスの大都市では、感染拡大状況に合わせて経済活動を制限しております。主に夜間の移動制限、公共交通機関の使用制限などがありますが、状況により屋内での活動が制限され、ショッピングモール等が閉鎖する場合もあります。

■ 観光

リオデジャネイロのポンジアスカル、コルコバードのキリスト像、イグアスの滝国立公園が人数制限を行いながらオープンしております。

〔詳細〕

 https://bondinho.com.br/planejesuavisita/

 https://www.tremdocorcovado.rio/general-information.html

 https://cataratasdoiguacu.com.br/

■ ホテル

感染防止の対策のガイドラインに準じ、営業を再開しております。

→ 詳細: https://abihsp.com.br/

以上、ご注意ください。

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

関連ニュース