キャリチャ

ベトジェットエア、6,500億ドン(約29億円)の資金調達を実施

  • 2021年1月15日

プレスリリース転載

ベトジェット・アビエーション・ジョイント・ストック・カンパニー(Vietjet Aviation Joint Stock Company)(HoSE: VJC)は、昨年12月初旬に発行した期末社債のうち650万口を売却し、総額6500億ドン(約29億円)の資金調達を行いました。(1VND=0.0045円)

今回の債券売却は、投資家からの資金調達を目的としたベトジェットの中長期的な債券計画の一環です。新たに取得した資金は、2021 年の開発計画に充当されます。

フィッチ・レーティングスによると、ベトナムの航空産業は、その効果的な疾病対策により、東南アジアの他国よりも早く回復すると見込まれています。ベトナムを含む多くの国でワクチンの試験が進行中であることは、航空業界の回復に前向きな兆しとなっています。

シーホーク・インベストメンツ(Seahawk Investments)によると、LCC航空会社は、そのビジネスモデル、効果的なオペレーション、低負債比率のおかげで、パンデミックが抑制された暁には、より迅速に回復すると予測されています。

2020年を通して猛威を振るった世界的なパンデミックの中で、ベトジェットは、多くの柔軟性のあるビジネスソリューションを通じて、LCC航空会社の利点をうまく活用した数少ない航空会社の一つであることが証明されました。ベトジェットの新たな収益源とオペレーション最適化の背後には、そうした実績があり、パンデミック渦中でも航空会社の地位を維持する原動力となっています。

関連ニュース