ミャンマー ヤンゴン郊外、「15マイルパゴダ」ご紹介

  • 2021年1月8日(金)

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、ミャンマーの国内旅行も下火になっておりますが、自宅からちょっとでも出て、リラックスしたいと思うミャンマー人が増えてきました。

そこで今回は、ヤンゴン郊外にある最近人気のパワースポットをご紹介したいと思います。

ミャンマーは仏教徒が多いので、旅行の一番の目的はパゴダへお参りすることです。「15マイルパゴダ」は、ヤンゴン郊外の15マイル(約24km)の場所にあるため、15マイルパゴダとして親しまれています。

正式名は「シュエピーエーパゴダ」(Shwe Pyi Aye Pagoda)。

高さ約44m、ヤンゴン最大の大仏座像で、7階建ての建物になっており、内部に入ることも可能です。

コロナ禍でヤンゴンっ子たちの癒しのスポットにもなっています。

かつては寂しい参道でしたが、今では、近くの村で採れた野菜を買うことができる市場もでき、村人の生活も垣間見ることができます。

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

この記事へのコメント

コメントを書く

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ