キャリチャ

ペルー、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

  • 2021年1月6日

ペルーにおける「新型コロナウイルス」の最新情報をお知らせいたします。

ペルーでは、2021年1月04日より、海外からのペルー入国者に対し、国籍問わず全ての人に14日間の強制隔離を義務付けることとなりました。

なお、詳細については、下記・在ペルー日本国大使館発出情報にてご確認ください。


1) ペルー人と外国人居住者のための強制隔離(現状1月31日まで)

* 2021年1月4日より、国際交通機関を利用してペルーに入国するすべてのペルー人、

 ペルー在住及びペルーを訪問する外国人に対して、国内に到着した日から数えて14日間の

 強制隔離を実施する。

* ペルー人、外国人居住者及び訪問者は、保健当局との事前調整の上、自宅、

 パン・アメリカン・ビレッジ、あるいはその他の一時的な隔離センター、

 または宿泊施設で隔離を行う。

2) 抗原検査の適用

* 2021年1月1日から3日までの間に、SARS-CoV-2ウイルスの変異種が確認された国から、

 国際交通機関を利用してペルーに入国するすべての人は、入国当日にCOVID-19の抗原検査を受ける。

 その他の国から入国する人は、無作為に抗原検査を実施する。

* 検査の結果、 陽性である者は、14日間強制的にパン・アメリカン・ビレッジ

 またはその他の一時的な隔離センターにおいて隔離される。

情報提供:株式会社 アルファインテル日本海外ツアーオペレーター協会