キャリチャ

「飛鳥II」2022年世界一周クルーズを発表 郵船クルーズ

 郵船クルーズ(坂本深社長)は12月17日、日本船籍最大級のクルーズ客船「飛鳥II」の2022年の世界一周クルーズを発表した。コロナ禍の現状から21年の実施は中止となったが、翌年の再開にファンの期待が集まる。

 22年の世界一周クルーズは3月29日に横浜、同30日に神戸を出航。アジアからスエズ運河、地中海・西欧・北欧、大西洋を渡り、北米東海岸、カリブ海、南米、パナマ運河、中米、北米西海岸、太平洋を経て、7月13日に横浜、同14日に神戸に帰港する107日間の旅。寄港地は30、うち初寄港は7港、停泊港も7港。

 販売は21年2月25日。

飛鳥II


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース