キャリチャ

「HISは危機のたびに飛躍してきた」
HIS会長兼社長 澤田秀雄氏-新春インタビュー

コロナ禍を機に国内旅行の強化に本腰
将来の柱となる新規事業創出にも着手

  澤田氏 エイチ・アイ・エス(HIS)にとって記念すべき創業40周年となるはずだった2020年は、新型コロナウイルスにより予想もしない展開を迎えることになってしまった。海外旅行の雄としての地位を固めてきたHISの業績も大打撃を受け2020年度は同社初の赤字決算となった。しかし代表取締役会長兼社長(CEO)の澤田秀雄氏は、「過去にも大きな危機を乗り越えるたびに飛躍してきた」と前を向く。未曽有の危機を迎えても、むしろピンチはチャンスとばかりに打ち手を繰り出す澤田氏の未来戦略を聞いた。(聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹)

-2020年は新型コロナウイルスにより観光産業全体がこれまで経験したことのない状況に置かれました。HISはその危機的状況にどのように対応したのでしょうか。

澤田秀雄氏(以下敬称略) HISは海外旅行を主力事業としてきたため、海外旅行需要がゼロになり非常に厳しい状況に直面した。2020年10月期は創業以来40年間で初めての赤字決算となった。旅行事業に係る国内従業員だけでも6000人以上を抱えており、海外拠点も200以上ある。このまま行けば干上がってしまう。

 そこで、この機会に新規事業に挑戦して道を切り拓こうと、社内で事業提案を募集したところ5500件以上ものアイデアが集まった。その中身を整理・検討して会社として10の新規事業分野を手掛けていくことを決め、いま新しい事業を始めつつある段階だ。3年後、5年後には、そのうちのいくつかがHISを支える柱に育っていくものと期待している。

-それぞれの新規事業に専任の責任者を置いて取り組んでいるのですか。

澤田 新規事業に挑んでいるのは専任の責任者で、全員がその新規事業を提案し手掛けてみたいと自ら手を挙げた者たちだ。会社が一方的に、やれと命じても意気が上がらないだろう。だから自ら提案しやる気にあふれ「やりたい」と手を挙げた者に専従してもらっている。HISにはベンチャー精神がある人材も多く、今の状況では幸か不幸か新規事業に人材を異動させることができる。

-その新規事業に関連して、昨年11月の日経フォーラム世界経営者会議で「将来は売上高に占める旅行の割合を現状の9割から2割に下げる」と発言されています。今後の事業ポートフォリオをどのように組み立てていく考えでしょうか。

澤田 HISはこれまで、ほとんど海外旅行事業で成長してきた企業だったが、今回の新型コロナウイルスで大きな影響を受けた。事業の柱を増やしておかないと、もしもの際に受ける打撃が大きすぎると実感し、柱となる事業を増やしていくべきだと改めて思うようになった。すでに、たとえば電気・エネルギー事業は順調に拡大しているが、こういった取り組みをいろいろな分野で増やすことができれば企業としての安定度が増していく。

 ただし誤解して欲しくないのは、旅行分野の売り上げを下げるつもりはないということ。あくまでも旅行事業の売り上げを伸ばしながら、グループ全体の売上高に占める割合を下げていくという意味だ。

-HISが取り組み始めている新規事業のひとつに飲食事業があり、すでに蕎麦店がオープンしています。各種ある飲食事業の中で蕎麦店を選んだのはなぜですか。

新規プロジェクトのひとつ「満天ノ 秀そば 飯田橋店」(写真提供:エイチ・アイ・エス) 澤田 海外では蕎麦店のチェーン展開の拡大を図った事業者はまだない。ラーメンはある、寿司もある、しかし蕎麦はない。いずれは海外展開することを念頭に置いたことも蕎麦店を選んだ理由だ。当面は日本国内で蕎麦店を4店展開する。この4店でさまざまな施策を試してみる。それで行けるとなれば半年、1年で一気に100店まで増やし、次は200店を目指す。その先は上場や海外展開も目指す。もっとも最初の4店がうまくいかなければ、考え直さざるを得なくなるかもしれない。

関連ニュース