カンボジア、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

  • 2020年11月19日(木)

「新型コロナウイルス」の影響について、現在のカンボジアの最新情報を以下にお知らせいたします。

■ 行政・その他機関からの発表

保健省は、11月18日より入国時の規制を強化する旨を発表しております。

具体的には、事前にカンボジア政府が発行した「在カンボジア企業による支払い保証書」がある人以外は、全員政府指定施設において14日間の強制隔離対象となります。

■ 街中の様子

◎ シェムリアップ

各所通常業務に戻っておりますが、観光客向けのレストランは休業中のままです。

地元のスーパーマーケットやレストランなどは、通常通り営業しております。

◎ プノンペン

11月03日、ハンガリー外務大臣がカンボジアを訪問。

同日・タイに移動後、Covid-19の感染が確認されたことを受け、ハンガリー代表団と接触した官僚、教育機関などすべて関係者(1,000人以上)のPCR検査と14日間の隔離措置を決定しております。

11月16日現在、ハンガリー大使との濃厚接触者のうち陽性反応者は4名となっており、引き続きより厳格な自主隔離を指示しております。

なお、両都市とも大型スーパーマーケットやホテルなどの施設では、入店前の体温チェックと消毒が義務付けられております。

■ 感染者数情報

2020年11月16日 07:00現在

* 新規感染者 --- 5名

* 感染者数合計 --- 302名(うち女性61名)

* 死亡者 --- 0名

* 治癒例 --- 289名(うち女性59名)

* 治療中 --- 13名(うち女性2名)

■ その他

プノンペン空港から入国するすべての乗客に検疫があり、空港近くの医療施設でPCR検査を実施。

全員陰性反応なら自宅等で自主隔離。陽性反応があれば14日間強制隔離。

以上、ご注意ください。

情報提供:ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

この記事へのコメント

コメントを書く

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ