キャリチャ

日本政府観光局、在留外国人対象にSNS投稿キャンペーン、日本の魅力を海外に伝えて

 日本政府観光局(清野智理事長、JNTO)は10月19日から、在留外国人に日本の魅力をSNS投稿を通して海外へ発信してもらう「My own personal Japanキャンペーン」を始める。来たるべきコロナ禍からの訪日旅行復活に向け、外国人視点での日本観光の魅力発掘と情報の拡散を図る。

 同キャンペーンでは、在留外国人や日本での長期滞在経験のある外国人を対象に、日本の観光地やお気に入りの場所などのSNS投稿を募集。優秀な作品を表彰することで、各自のネットワークを活用して情報発信の強化につなげる。コロナ禍で誘客プロモーションが積極的に展開できない現状から、実際に日本に住む外国人からの発信が将来の訪日意欲喚起につながると企画した。

 応募は12月6日まで。フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどでハッシュタグ「#myownpersonaljapan」「#visitjapanjp」を付けて、写真や動画、エピソードを添えて投稿、投稿した旨をキャンペーン事務局へメール(jnto_yjpmcontest@vectorinc.co.jp)する。

 優秀作品には体験旅行カタログなど日本国内で使える10万円相当の賞品を10人に贈る。


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース