キャリチャ

エアアジアグループ、2020年末までに6億2000万ドルを調達、日本での事業見直しへ 

  • 2020年9月9日

エアアジアグループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者は、2020年末までに約25億リンギット(6億200万ドル)を調達する見通しを示した。また、日本での事業の見直しを検討しているとコメントした。(出典: Blue Swan Daily)

記事本文はコチラ

関連ニュース