マレーシア、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

  • 2020年9月8日(火)

「新型コロナウイルス」の影響について、現在のマレーシアの状況を当地の日本大使館発出情報とともにお知らせいたします。

■ マレーシアの入国禁止措置について

先日マレーシアにおきまして入国禁止措置について新たに発表がありました。

これまで長期滞在ビザ保有者については入国可能(強制隔離14日要)でしたが、今回、感染者15万人超の国を対象国とし、該当国からの入国が不可となりました。

なお、当措置に日本は含まれておらず、引き続き日本人のマレーシア長期滞在保持者については入国可となります。(強制隔離14日要)

* 観光客: 入国不可。

* 長期滞在ビザ保有者: 入国可。

 ただし、マレーシア政府が指定する感染者15万人超の国(23ヵ国)の国籍者については入国不可となりました。

以下、在マレーシア日本国大使館からのお知らせ(9/04付、抜粋)となりますので、あわせてご確認ください。

---

■「新型コロナウイルス」感染者数15万人超の国の国籍者・居住者等の入国拒否

※下記にて要約。

◎ 9月7日以降、感染者15万人超の国を対象国とし入国禁止となりました。

〔対象国〕

 米国、 ブラジル、 インド、 ロシア、 ペルー、 コロンビア、 南アフリカ、 メキシコ、

 スペイン、 アルゼンチン、 チリ、 イラン、 英国、 バングラデシュ、 サウジアラビア、 パキスタン、

 フランス、 トルコ、 イタリア、 ドイツ、 イラク、 フィリピン、 インドネシア

◎ 入国不可(上記国)の対象となるマレーシアの長期滞在パスは以下のとおりです。

* 永住者

* マレーシア・マイ・セカンドホーム

* 全ての駐在者:

 ・就労パス(カテゴリー1、2及び3)

 ・居住者パス --- 技能、専門職訪問パス(専門家カテゴリー)

 ・扶養家族パス(Dependent Pass)

* 居住者パス

* マレーシア国籍者の配偶者又は子供

* 学生パス

* 一時就労訪問パス

※詳細

 https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_04092020.html

以上、ご注意ください。

情報提供:ジェイ・ティ・エイ・ジャパン株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ