台湾、台湾入境前の「核酸検査」が3営業日以内に緩和、居留証があれば不要に

  • 2020年7月6日(月)

台湾外交部領事事務局は、訪台の航空便搭乗の際に提示を義務付けている搭乗日3日以内に検査した「核酸検査陰性証明書」の検査時期を3営業日に緩和することを発表しております。

今回の変更について台湾中央流行疫情指揮センターは「各国の検査提供能力は一定ではなく、検体の採取から搭乗日までに休日を挟む場合があるため」と説明しています。

また、台湾中央流行疫情指揮センターは、7月04日以降、台湾を訪れる外国人が台湾の居留証を持つ場合、核酸検査の陰性証明書の提示は不要とすることを発表しております。

以上、ご注意ください。

※「中央流行疫情指揮センター」公式サイト

 https://www.cdc.gov.tw/(中国語、英語)

情報提供:株式会社三普旅行社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ