アイスランド、フェロー諸島、グリーンランド、「新型コロナウイルス」の影響について‐続報 (6/29の状況)

  • 2020年6月30日(火)

「新型コロナウイルス」に関するアイスランド、フェロー諸島及びグリーンランドの状況をお知らせいたします。

■ アイスランドの状況

2020年6月28日にケフラビク空港にてPCR検査を受けた1,365名のうち1名陽性者が出ましたが、抗体があり感染力の無いことが確認されています。この1名を含めた現在の感染者数は12名で、全員が自宅等で隔離療養中、国立大学病院に入院している人は0名です。

感染の疑いのある検疫中の人は、現在443名で自宅等で経過観察中です。

これまで回復した人は累計1,818名で、全人口の18%が検査済みです。

死亡者数は計10名のままです。

With Coronaの時代の「検査・追跡・分析・対応」が日々模索されています。

EUが域外の14ヵ国を「安全国リスト」に加え、ニュージーランドや日本、タイ、韓国も入りましたが、各国の状況により、今後リストから外される可能性もあります。

またこれら14ヵ国からの入国者への入国・検疫制限については、今後告知される予定です。

引き続きEU、シェンゲン協定加盟国、英国からの入国は可能ですが、日本を始め米国等のそれ以外の国からの入国は7月01日以降になる予定で、アイスランドとしての対応が検討されています。

■ フェロー諸島の状況

現在の感染者数、自宅で検疫中の人数ともに0名のままです。

これまでの感染者数累計は187名、死亡者数の累計も0名です。

これまで検査を受けた累計数は12,750名で、全人口の24.3%が検査済みです。

4月23日以降、2か月以上新たな感染者は出ておりません。

現在、デンマーク、グリーンランド、アイスランド、ノルウェー、ドイツ、その他のEU諸国及びシェンゲン協定加盟国の「開放国」、英国からの旅行者は入国が可能ですが、当面は到着時のPCR検査が義務付けられます。

空港にて390デンマーククローネ(DKK)を支払い、また、結果判明まで半日から1日かかる予定で、その間は自己検疫が必要です。日本などそれ以外の「検疫国」からの入国者には14日間の検疫が義務化されており、実質、旅行での入国はできません。

アトランティック航空は6月15日より、ヴァーガル空港~コペンハーゲン空港間のデイリー運航が再開され、まもなく1日2便の運航となる予定です。

なお、昨日6月29日は1便が欠航となりました。

■ グリーンランド

現在の感染者は昨日同様0名、累計の感者数は13名です。死亡者数累計はゼロです。

国内のプライベートな集会の制限緩和が進んでおります。

6月15日より、デンマーク、フェロー諸島、アイスランド、ノルウェー、ドイツからの旅行者のみ、1週間で600人まで旅行者の入国が可能となっておりますが、入国前5日以内に検査を受けた陰性証明書を持参・提示し、入国後は5日間の自宅待機と再度のPCR検査の受診が要件となっており、不履行の場合、罰金が課されます。

現在の所、日本からの入国は認められておりません。

デンマークの現在の感染者数は1,139名で、死亡者数は605名です。

旅行で入国できるのは、グリーンランド、フェロー諸島、アイスランド、ノルウェー、ドイツ等の「開放国」のみとなっており、それ以外の「検疫国」からは引き続き入国不可となっておりますが、業務渡航については条件付きで入国が可能となりました。

日本からはデンマークでの同日乗り継ぎは可能ですが、その先の入国可能な国が現状ゼロとなります。

スカンジナビア航空の日本線の運航や乗り継ぎの可否についての詳細は、スカンジナビア航空または駐日デンマーク大使館にて、デンマークの入国制限や航空機搭乗時のマスク着用の情報等については、在デンマーク日本大使館のホームぺージにて最新情報をご確認ください。

 → 在デンマーク日本大使館、ホームぺージ

  https://www.dk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/taizai-covid19.html#denmarku_2

  https://www.dk.emb-japan.go.jp/files/100062701.pdf

以上、ご注意ください。

情報提供:株式会社ヴァイキング日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ